「産み分け」についての本を読んで

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子がほしいと考えていたからです。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けを実践していました。
妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは期待と不安でドキドキしていました。結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もまあまあ喜んでいました。

産み分けのおかげだと思っています。
いまの不妊状態から脱出するのに、食生活を見なおしてみるのは大事でしょう。精子や卵子は、お父さん・ママの栄養をベースにして創られるのですから、食生活が乱れていては卵子や精子の活発さは、望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠前にも、妊娠後にも役たつことですから、バランス良く健康的な食習慣を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りのご飯に加え、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。

葉酸の適切な摂取は、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてちょーだい。妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。

でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)ですが、その摂取方法で一番良いのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは大変だという方は、無理をせずサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのもいいですね。

サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。
サプリを活用すれば、毎日のご飯での摂取の負担なく、葉酸を済ますことが出来ます。妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。

でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)でも、摂取する量には気を配ってちょーだい。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食品にふくまれる葉酸量の数倍もの葉酸がふくまれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。
どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸が影響をうけるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

妊娠を望む家族の声や、焦りといった感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)が不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるケースもあり、相当悩んでいる人もいるのです。

周囲も本人もおおらかな気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)を持つことが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

不妊かなと思ったときには、とりあえず基礎体温をつけることをお薦めします。
基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
毎日、起床時に体温を測るという決まりがあるので、それを守ってつけていくことが大切です。もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的な疲労も相当なものです。
自治体から助成金が支給されますが、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる自治体が多いですね。

治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。私はもうじき40歳ですし、体力と時間とお金のことばかり考えて、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。

一般的に、妊娠してから栄養指導をうけたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導をうけた方も多いでしょう。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明をうけたのではないでしょうか。

レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。
もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。実際に食材から葉酸を摂取することによってようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は加熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、十分な葉酸摂取を心がけてちょーだい。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
基礎体温はつけていたんですけど、授かることができず、同年代のご夫婦がおこちゃまを連れてる姿を見るたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、そう時間をおかず妊娠する事ができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。

もっと早く来たかったですね。