欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジ?

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

 

歯の汚れをしっかりと除去するクラプロックス電動歯ブラシの販売店の情報はコチラ