一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つ

一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

 

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

 

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。

 

このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

 

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

 

しかし、それは正しくありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

 

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。